indeedで応募を集めるには、キーワードが重要

人事、採用担当をしている方はindeedという

求人媒体はご存知でしょう。

実際に仕事を検索した事はあるでしょうか?

ある方はすぐに気付いたのではないかと思いますが、

indeedは仕事の探し方が、他の求人媒体とは少し変わっています。

仕事の探し方はキーワードのみ

indeedのトップ画面には、キーワード勤務地しかありません。

勤務地はどうしようもありませんので、

実質キーワードのみになります。

ターゲットが探しそうなキーワードを原稿に落とし込む

このキーワードは原稿内のキーワードが検索されます。

ですので、ターゲット選定をしっかり行い、

主婦層なら、主婦層が探しそうなキーワード

学生、年代などで好まれそうなキーワードを入れていくのが重要になります。

どうしても上手く原稿内に入れられない時

どうしても上手く原稿内に入れられない時もあると思います。

また、どうしても表示回数が増えない場合に使える技かあります。

それは原稿内のその他の欄に、

キーワードを列挙するという方法です。

ただし、不要なクリックを生む可能性もあるので、

クリック率や応募率を見ながら行う必要があります。

検索されやすいキーワードやクリック率などの推移を見ながらのコンサルティングをご希望の方は下記よりご連絡下さい。

求人のコンサルティングのご希望や、原稿改善、人材採用の方法などが気になる方はお問い合わせよりご連絡ください。