シニア層の人が仕事探しで気にするポイント!

シニア層の人が仕事探しで気にするポイントの一つに、

交通費が支給されるかという点があります。

色々な求人広告を見ていて多いのが、

  • 明記されていない
  • 処遇、福利厚生欄に【交通費支給】と書いてあるだけ

という原稿です。

シニア層を採用したいのであれば、

文字数やアピール欄を使ってでも、

しっかりと記載するのが応募を集めるポイントです。

なぜ交通費支給をそんなに気にするのか?

シニア層が仕事探しのポイントで

交通費支給かを気にするという事は、

支給されない仕事多かったり、

全額支給でない求人がまだまだあるという事ですね。

実際に私のお客様でも、交通費の問い合わせが多い

という声を良く聞きます。

なので、実は交通費支給はメリットになる

という事です。

待遇欄にのみ交通費支給を書いても弱い

では、実際に交通費支給はどう書いたらいいのか?

ポイントは記載をする場所にあります。

よくあるのは、待遇欄に列挙されている中に書いてある

というのが多いですが、

待遇欄には書ける物を沢山書こうとしませんか?

それは間違いではありませんが、

そこに書いても目立たなくなってしまいます。

どこに書くと目立つのか

では、どこに書くと目につくのか?

それは、本文中のアピール欄、勤務地欄やキャッチ文です。

また、全額支給であればその旨も記載しましょう。

これはシニア層を採用したいと思うときに使う手法です。

シニア層は仕事探しで交通費支給かを

重要視しているというデータがあるので、

重要視している点を目立たせる。

当たり前の考え方ですね。

ついつい、交通費なんかキャッチに入れるの?

アピールするの?

と思いがちですが、有効な手段です。

このように、ターゲットにする層が、

どんなところに仕事探しのポイントがあるか?

というデータはネットに沢山出ています。

また、どのデータも大体同じ内容です。

シニア層以外のターゲットでも、

このポイントの部分を訴求するのが、

応募を集める近道です。

他にもシニア層の採用が気になる方はコチラ

求人のコンサルティングのご希望や、原稿改善、人材採用の方法などが気になる方はお問い合わせよりご連絡ください。