人事担当者の方で掲載中の求人原稿を途中で修正したいと思ったことがある方は多いのではないでしょうか?

「効果が出ていない」

「諸条件が変わった」

「追加で募集したいポジションができた」

理由は様々考えられますが、修正できる求人媒体の方が便利ですよね。

そこで今回は求人媒体別に「途中修正」ができるか?

どの程度の時間で反映されるのか?をご紹介します。(R1年6月1日現在)

 

正社員の転職媒体

正社員転職媒体はアルバイト・パート向けの媒体に比べ修正の反映に時間がかかったり、費用が発生するケースもあります。

 

doda

途中修正の可否:可能

修正費:有料

dodaでは平日は原稿修正を受け付けています。

修正の手続き後2日程度で実際の画面にも修正が反映されます。

ただし、代理店の営業が管理画面を操作する必要があるので実際はもう少し余裕をもって依頼をする必要があります。

 

 

マイナビ転職

途中修正の可否:可能

修正費:無料(3回まで)

マイナビ転職では平日は原稿修正を受け付けています。

修正の手続き後1日~2日程度で実際の画面にも修正が反映されます。

また、掲載終了直前では修正を受け付けてくれない場合がありますので注意が必要です。

 

 

リクナビネクスト

途中修正の可否:可能

修正費:有料(プランによっては無料の場合有)

リクナビネクストでは平日は原稿修正を受け付けています。

修正の手続き後1日~2日程度で実際の画面にも修正が反映されます。

ただし、代理店によっては即日対応してくれない場合もあります。

 

バイトルネクスト

途中修正の可否:可能

修正費:無料

バイトルネクストでは1時間に1回修正を受け付けています。

つまり、修正依頼をしてから最短1時間程度で修正が完了する媒体と言う事です。

ただし、代理店によっては即日対応してくれない場合もありますので最大で1日程度かかる事もあります。

 

まとめ

このように求人媒体により、「途中修正の可否」や「反映のタイミング」「費用」などが異なります。

また、媒体により「修正ができない箇所」などもありますし、審査によっては「修正ができない」場合もありますので注意が必要です。

求人広告を掲載する際は「途中修正」についても確認をし媒体選定してみてはいかがでしょうか?

 

今回ご紹介した時間や方法については、あくまでも版元(各種媒体)から代理店に指定されている時間や手順です。

代理店によっては独自のルールを決めている場合もありますので、この通り修正出来ない可能性もあります。

詳しい修正手順や時間については各代理店・媒体社にお問い合わせください。