求人を出す時に「時期」を気にされる人事担当者の方も多いのでは無いでしょうか?

今回はそんな求人に関わる時期についてご紹介します。

 

求職者の多い時期は?


欠員や退職者が出て都度求人募集をしなくてはいけない場合も多々あるでしょう。

ですがそれ以外に中長期的に先を見据えた求人募集も行わなくてはなりません。

ではそんな先を見据えて求人募集をするという場合に1番求職者が多くなるのはいつでしょうか?

 

求職者が1番多くなるのは3〜4月

1年の中で1番求職者が多くなるのは3〜4月の期間です。

この時期は新卒だけではなく、転勤や辞令にともない転職を希望する人が多くなります。

求職者が多い分他の時期に比べて求人が転職希望者の目に触れる数は多くなります。
 

見落としがちな9〜10月

9〜10月は見落としがちですが、求職者が多くなります。

企業の上半期と下半期の中間であり、決算期の為入社退社共に多くなります。
 

大人数の採用なら3〜4月と9〜10月両方で募集

少人数の採用であれば、他の期間で募集をしても良いと思いますが、

大人数の採用をするのであれば3.4.9.10月で募集をする春秋で計画を立てましょう。

 

求職者が少ない時期も実は狙い目!?


求職者が多くなる時期は、当たり前ではありますが他の企業も求人を掲載します。

結果求職者は増えますが、求人数も増えます。

逆に求職者が減る時期を狙うのも1つの手と言えます。

 

5〜8月と11〜2月は求人数が減る

求人が減るのは5〜8月と11〜2月つまり先ほどの求職者が増える月以外と言えます。

もちろんこれは求職者が減るから求人数も減ると考えて問題ありません。
 

求職者は少ないが、求人も少ない実は狙い目!?

求職者が少ないからといって採用ができないわけではありません。

求人が少ないのでその分ライバルも少なく、このタイミングの方が採用に繋がる企業も多くあります。

応募を増やす為にはいかに求職者に数多く見てもらうか。

というのがポイントになります。

給与など待遇が良かったり、他のライバルと差別化がしっかりできるのであれば、求職者が多い時期の掲載が良いと思いますが、

差別化が難しい、求人に大きな費用をかけて表示順位を上げられない

という企業は求人数の少ない時期を狙ってみても良いでしょう。

 

職種によっても最適な時期は変わる。


ここまでは全体、一般の状況をお話ししましたが、ターゲットが偏る場合上記の時期が適切ではな場合はあります。
 

学生バイトがターゲットの飲食・サービス業

学生バイトが多い飲食業やサービス業は2〜3月の掲載がオススメです。

4月から進学、進級する学生は春休みのうちにバイトを決めてしまう人が多く、

また、逆に春休みを目処にバイトを辞める人も多く出てくる可能性があります。

その為、先手で求人を出すという意味合いも含みます。
 

製造業

製造業は9月の掲載がオススメです。

上半期の仕事がひと段落し、転職希望者が活動を始めます。
 

医療系

4月に退職者が増える医療系では、3〜5月の掲載がオススメです。

4月の退職に向けた活動をしている人に3月、退職後に向けた5月の約3ヶ月で露出をしましょう。

また、看護師に関してはボーナスを貰って辞める人が多いので7月1月も募集のポイントになるでしょう。
 

求人募集の準備はどの位前からやれば良い?


求職者の多くなる時期や狙い目はお分りいただけたと思います。

もちろん年間通して掲載をし数名採用したいという掲載の仕方も有りでしょう。

では実際ポイントポイントで求人掲載をする場合はいつ掲載をし、どの位前から準備をすれば良いのでしょうか?

時期としては盛り上がりの期間の中盤に来てはもう遅いです。

理想的には盛り上がりの期間+前後1週間ずつの期間を掲載するのが良いでしょう。

求人の準備は掲載開始の1ヶ月前位に準備を開始しましょう。

直前に求人会社に連絡をしても原稿を作り込む時間が無く効果が半減してしまいます。

また、通常応募があってから面接、採用、実働となるまで1ヶ月程度の期間は必要でしょう。

この実働までのスケジュール感も掲載時には考慮しましょう。