時給を上げて条件を良くした方がいいのか?」 

「ボーナスを出した方がいいのか?」 

「手当を時給に乗せた方がいいのか?」 

「一時金として出した方がいいのか?」 

どちらの方が求職者にとって魅力的に感じるのか、 

どちらの方が人をあつめやすいのか 

と悩まれている人事担当者も多いと思います。 

そこで、今回ユーザー300人にアンケートを取り、どちらが魅力的感じるかをまとめてみました。 

 

アンケート結果

男女300人に「給与が高くボーナスがない」と「給与は平均でボーナスがある」 

どちらの環境で働きたいか?というアンケートを行いました。 

結果は54%がボーナスがある方がいいという結果でした。 

あくまで給与が平均的な給与という条件ではありますが、 

ボーナスを大々的に打ち出すことで、応募効果を上げることに繋がるかもしれません。 

 

アンケートの概要

質問内容:「給与が高くボーナスがない」と「給与は平均でボーナスがある」どちらの方が働きたいか 

選択方法:(A)「給与が高くボーナスがない」   (B)「給与は平均でボーナスがある」 

サンプル数:300名(男性143:女性157) 

平均年齢:38歳 

 

選択理由

「給与が高くボーナスが無い 

●収入がはっきりし、予定が立てや/50代男性 

●定期的にまとまったお金が入ってくる方が仕事は頑張れ/20代男性 

●毎月多めにもらえた方が嬉しい/30代女性 

 

「給与は平均でボーナスがある」 

●ボーナスがある方が楽しみが増え、仕事のモチベーションが上がる頑張る/20代女性 

●お得感がある/40代女性 

●総額が一緒でもボーナスがあった方が嬉しい/40代男性 

 

男女別でみると?

男性は「給与が高くボーナスがない」が52%「給与は平均でボーナスがある」が48% 

 

女性は「給与が高くボーナスがない」が42%「給与は平均でボーナスがある」が58% 

と逆の結果となりました。 

ターゲットによって給与を大々的に打ち出すのとボーナスを打ち出し使い方をイメージできる原稿と内容を変える事でより希望に合ったターゲットからの応募を獲得することができるでしょう。