求人広告を出すにあたって、求職者がどんなところを重要視して見ているのか気になる求人担当者も多いのではないでしょうか?

実は重要視されるのは給与だけではないんです。

今回は求職者が、仕事探しの際に重要視しているポイントをご紹介します。

 

年代に関係なく気にする2つのポイント

求職者が年代通して重要視しているポイントが2つあります。

① 通いやすさ
通勤時間というのは給与の出ない拘束時間と同じですので、やはり求職者にとっては非常に気になるポイントの1つです。

また、時間だけではなく駅から近いのであれば、魅力になりますので、しっかりとアピールしましょう。

② 働きやすさ
人間関係や職場の雰囲気、シフトの自由度などがこの働きやすさに該当します。

人間関係や職場の雰囲気は写真や動画を使ってアピールすると伝わりやすです。

シフトの自由度は求人広告内でも目立つ位置でアピールしましょう。

 

履歴書不要も意外と見られている

求職者にとって履歴書を書くのは意外とめんどくさいものです。

書かなくて良いのであれば書きたくは無いでしょう。

そこで履歴書不要にする企業も増えてきています。

実際には面接当日に簡易履歴書の様なものを用意し、企業が欲しい情報だけ書いて貰うという方法も有効な手段です。

 

企業の雰囲気や評判は下調べされる。

最近の求職者は応募、面接前に企業の情報をインターネットで調べるケースが多くなっています。

もしインターネットで悪い評判などが書かれてしますと、今後の採用活動の大きなダメージとなってしまいます。

求職者対応も勿論ですが、お客様や来客者対応にも気を配りましょう。

 

将来役立つ経験、仕事ができるかどうか

特に若い世代に言える事ですが、将来に役立つ経験や仕事ができるか、資格取得ができるか

という点で仕事探しをしている人も多いです。

将来のステップアップや社員登用制度、取れる資格や身につくスキルなども、

簡潔にわかりやすく明記しましょう。

いかがでしがか?

こうして読んでみると、なんとなく理解はしているという事が多かったのでは無いでしょうか?

改めて意識して求人原稿を見直してみましょう。

今まで以上の応募、採用結果に繋がるでしょう。

求人のコンサルティングのご希望や、原稿改善、人材採用の方法などが気になる方はお問い合わせよりご連絡ください。