採用したアルバイトさん、パートさんがすぐに辞めてしまって困っている…

そんな人事担当者の方も多いでしょう。

せっかく採用したのにすぐ辞められてしまうと、人材不足という点や従業員のモチベーション、もちろん次の求人費など企業としてもかなりのダメージがあるでしょう。

今回は新人さんが辞めてしまう理由の1つ研修についてお伝えします。

 

すぐに退職する理由は大きく2つ

すぐに退職してしまう人の理由は大きく2つに分類する事ができます。

  • 人間関係への不満

 

  • 仕事への不満

初出勤から数日はやはり不安や緊張が多い中、ここで行われる研修やOJTというのは

退職防止に大きな効果があります。

もし、教育や研修をあまりせずに、現場に放り出すような事をすると①②両方の不満が大きくなり、早期への退職へ繋がってしましまいます。

 

新人研修で行うべき事

どの企業でも、最初のオリエンテーション、研修は行なっているでしょう。

もし、行なっていない企業があるならば、今すぐに導入をして下さい。

ここでは、最初のオリエンテーションや研修で行うべき事とそのポイントを紹介します。

・会社の説明、働く心構え

ここでは会社を知ってもらうという事は勿論ですが、この会社で働く魅力をしっかりと理解してもらいましょう。

 

・挨拶や身だしなみなどのビジネスマナー

このビジネスマナーを知らずに現場に入ってしまうと、お客様だけではなく、一緒に働くスタッフの信頼を損なってしまう場合が多々あります。

そうなってしまうと人間関係への不満へ繋がってしますので、良好な人間関係を築くためのにも大切になります。

 

・勤務時間や給与、福利厚生などの雇用に関する説明

ここで新人さんと企業での考えに勘違いがあったりすると、後々不満へ繋がります。

賃金の事や、残業、シフトの事など、しっかりと擦り合わせを行いましょう。

 

・働く職場、スタッフの紹介

新人さんはやはり、今ある人間関係の中に入れるか不安を抱いています。

逆に今いるスタッフもどんな人が来るのか、やはり気になっています。

しっかりと互いに自己紹介をできる場を設けてあげましょう。

 

・すぐに現場に放り出さない

これが1番のポイントであり、なかなか出来ていない企業が多いのが現場です。

現場も忙しくOJTという形で指導社員をつけ、仕事に入ると言うところまではやっている企業が多いのですが、担当者が忙しく新人さん1人で簡単な作業をしていたりという場合があります。

短い時間でも、不安を持って仕事をしている新人さんからすると、長い時間んい感じ非常にストレスに感じます。

しょうがない場合もあるとは思いますが極力避けるよう仕組みを作りましょう。

 

ちょっとした一声が効果大

また、出勤時や退勤時に「おはよう」「お疲れ様」と笑顔で声をかけるだけで、新人さんはホッとします。

また、初めてできた仕事があれば褒めてあげる。

このような声かけも離職防止の大きな効果を発揮するでしょう。

 

他の離職に関する記事はコチラ

【月1回の面談で離職率が8割減に!】

【悪条件もしっかり書くことで清掃スタッフの辞退率・離職率が半減!?】

【離職率が高い企業の特徴とは?改善できれば定着率UP】

【介護業界の離職の理由を理解して定着率をUP⁉︎】