求人広告を出す際に「何を書いたらいいのだろう?」「どんな事を書くと求職者に響くのだろう」などと悩む人事担当の方も多いのでしょうか?

「面接の時に細かく話すから大丈夫」「文字数などで書ききれないよ」と思われてる方もいるでしょう。

ですが、求職者が知りたいと思っている事を書いていない原稿では、面接以前に応募が来ません。

今回は求職者がより細かく知りたいと思っている点を紹介します。

 

求職者が詳細を知りたいと思っている点

【交通費規定支給】の規定って?

交通費は求職者にとって大きなポイントですよね!

よく規定内支給とだけ書いてある求人原稿を見ますが、規定の内容も簡潔に原稿内に記載をする事で、他の原稿と差別化ができるでしょう。

・交通費規定支給(1万円/月を上限に実費支給)

・交通費規定支給(上限500円/1日)

このような書き方がわかりやすく良いでしょう。

 

【勤務日、勤務時間、シフト応相談】はどこまで相談できる?

勤務に関する内容ってあまり希望を言うと印象が良くないんじゃないかと求職者は思います。

企業としてもここでミスマッチが起こり短期間で退職されてしまっては、困ってしまいますよね。

ですので、許容ができる範囲はできるだけ細かく書いてあげましょう。

・勤務時間  9:00~17:00(10:00~15:00など1日5時間〜OK)

・子供の夏休みなどは勤務日数や勤務時間を減らしてもOK

・木曜日を含む週2日〜OK

などがわかりやすい表記の仕方となります。

 

まとめ

求人現行の規定や応募資格、勤務体系などは出来る限り細かく書きましょう。

ただ、文字数にも制限がありますので、ターゲットになる層が疑問に思う事を想定し、そこにフォーカスするように詳細に書いていきましょう。

ここの努力を怠ると、なんとなくわからない、知りたいことが書いていないからいいやと原稿からの離脱率が上がってしまい応募が来ません。

求職者目線で不明点が無いように原稿作成をしてみましょう。