あなたの上司は男性ですか?それとも女性ですか?

同性の上司の方が相談しやすそうで良いという意見や、異性の方が仕事の活力になるという人もいるでしょう。

そこで、今回は男女100名に上司を選べるなら同性か異性のどちらが良いのかアンケートしてみました。

 

男性の回答

男性40名にアンケート実施したところ、32名が同性の上司が理想であると回答しました。

やはり、男性としては女性が上に付くというのが許せないのでしょうか。

おそらく、そんな事はないと思うのですが、とりあえず回答理由を見ていきましょう。

 

同性と回答した理由

20代大阪府在住:女性が上司であると異性であるからという事から価値観の違いや生活の違いで不都合が生じることがあると思うから。

30代・愛知県在住:余計な気を使わなくていいから。

40代・大阪府在住:男性の方が私情を捨て割り切って仕事に取り組むような気がするから。

40代・愛知県在住:女性は感情のコントロールが難しいときがあるので。

50代・愛知県在住:同性の方が、考えていることやが分かりやすい気がする。また、阿吽の呼吸もできやすい気がする。

 

異性と回答した理由

30代・宮城県在住:自分に権力があると勘違いしている男性上司が多いから。

40代・兵庫県在住:特別なこだわりはないが、タバコ臭くない人がよい。女性のほうが吸わないので。

50代・広島県在住:単純に優しそうだから。

50代・神奈川県在住:色々と気配りが上手そうだから。

 

結果からわかる事

このアンケート結果によって判明した事は、男性の場合どちらが上司であっても問題ないという事です。

なぜかというと、多くの人の回答理由に「こだわりはないが」が入っていたからです。

つまり、強いていえば男性が良いだけであって、絶対に男性でなければならないと言う理由を持っている人は少数派です。

やはり、これも女性の社会進出が進み、男女の格差がなくなってきている証拠だと思います。

おそらく、この傾向のまま時代が進めばいずれは、半々ぐらいの数値になると考えられます。

 

女性の回答

男性60名にアンケート実施したところ、48名が異性の上司が理想であると回答しました。

男性とは真逆の結果になりましたね。

どうして、このようになってしまったのでしょうか。

まずは、回答理由から見ていきましょう。

 

同性と回答した理由

20代・東京都在住:男性はセクハラとかパワハラが多いので避けたい。

20代・兵庫県在住:男性の上司は話を聞いてもらえないことが多いから。

30代・山梨県在住:きめ細やかなフォローをしてくれたり、人を育てるのが本質的に得意だと思うから。

40代・茨城県在住:同性の方がお互いのことを分かり合える気がするので。

40代・大阪府在住:女性同士の方がどんな事でも相談できるから

 

異性と回答した理由

20代・東京在住:異性が見ている方が、環境が引き締まるから。

20代・埼玉県在住:女性同士だとお局化したり感情的になるところがどうしても出そうだから。

30代・大阪府在住:女性上司だと気分に左右されるひともいるから。

40代・兵庫県在住:どちらも一長一短があると思いますが、男性の方がさばさばしていていいから。

40代・静岡県在住:どちらでも良いが、男性の方が安定感がありそうに思うから。

 

結果からわかる事

女性の場合は男性と違って、どちらが良いがはっきり出ている人が多かったです。

つまり、確率論から言うと、女性には男性上司を付ける方が上手くいきやすいという事です。

ただ、一部の出来る女性は男性上司をあまり良いと思っていないようです。

難しい部分ではありますが、確率重視で配置をするなら男性上司を付けておくのが良いでしょう。

 

結論:良い上司ならどっちでも良い

今回のアンケート結果から結論を出すと、良い上司であればどちらでも良いと言う事です。

男性の場合は、回答理由からわかる通り、どちらでも良い人が大多数です。

女性の場合は、どちらかはっきりしている人が多かったですが、最終的に言えるのは悪い人が少ないと思う方を選択していると言う事です。

つまり、良い上司であれば同性でも異性でも関係ないのです。

もちろん、良い上司の条件は人によって異なりますが、共通して言える事は「頼り甲斐」の有無です。

困った時に見捨てるような上司は論外ですが、いくら助けてくれても解決出来なければ意味がありません。

上司になったからには、部下の失敗も成功も最後まで見届け、良い方向に結果が向くように努力するのが一番だと思います。

 

他のアンケートはコチラ

【正社員募集のコツは給与・待遇よりも将来性!】

【「日給1万円」VS「時給1250円」どちらが魅力的に感じる?】

【給料が減ってでも残業をしたくない人は何%いるの?】

求人のコンサルティングのご希望や、原稿改善、人材採用の方法などが気になる方はお問い合わせよりご連絡ください。