求人広告を出しても応募が集まらない。

採用してもすぐに辞めてしまう。

このようにお困りの店長様、オーナー様、人事担当者の方も多いのではないでしょうか?

今回は飲食店でアルバイト・パートの採用を成功させる為のポイントをご紹介します。

応募数UPのポイントはコチラ【飲食店でアルバイト・パート採用を成功させるポイント(応募数UP編)】

 

応募を採用に繋げるためのポイントは⁉︎

応募があっても、途中で連絡が取れなくなってしまう、面接当日に来なかった、辞退されてしまった。

というようのことを減らすためのポイントは!

 

① 丁寧な対応をする

最初の電話やメールから丁寧な対応を行いましょう。

求職者かとってもこの対応が最初の第一印象になります。

求職者の第一印象が悪ければ採用しませんよね?逆の立場でも同じです。

求職者が第一印象の悪い企業に採用されたいと思うでしょうか?

また、電話に出る可能性のあるスタッフにも、求人を出している事、対応方法をしっかり周知しましょう。

 

② 面接時にミスマッチを解消する

求人原稿だけではわからない事も多々あります。

これは採用数のUPとは違いますが、

求職者と企業の間でミスマッチを事前に解消しておくと、すぐに辞めてしまったという事を防ぐことができます。

また、そこまで話すことができる面接ができれば応募者も好印象持ちやすく次のステップに移行できる確率も上がるでしょう。

 

③ キャリアアップ制度を作る

飲食業界ではアルバイトから正社員と進む事も多い業界です。

しっかりと給与UPの条件や正社員登用制度の整備をし求人広告に打ち出しましょう。

逆に給与UPや正社員登用などのキャリアアップが明記できない求人原稿には応募も中々集まらないでしょう。

ぜひ1度求人広告を出す前に条件などを見直してみてください!

 

 

まずは応募数を増やしたい方はコチラ
【飲食店でアルバイト・パート採用を成功させるポイント(応募数UP編)】

求人のコンサルティングのご希望や、原稿改善、人材採用の方法などが気になる方はお問い合わせよりご連絡ください。