面接後に辞退されてしまう。

入社後になかなか定着しない。

そもそも応募がなかなか来ない。

こんな風にお悩みの人事担当者も多い事でしょう。

今回はそんなお悩みの解決方法である【職場見学会】のメリットについて、ご紹介させていただきます。

 

応募前、面接前に下見をする求職者が増えている!

実は現在、応募前や面接前に企業の下見に行く給食が多いのです。

わざわざ下見に来るの?と思う担当者の方も多いかもしれませんが、半分以上の求職者は下見に行くと言われています。

実際に辞退される際も「雰囲気が合わないと感じた」「思っていたのと違った」などの理由で断られることもありませんか?

もちろん、求職者が自ら行く下見では見れる範囲も少ないですし、なんとなく心苦しさの様な物を感じている人もいるでしょう。

ですので、企業として職場見学会を実施することで、企業と求職者のミスマッチを減らすこともできますし、求職者も心置きなく心配店を解消する事が可能です。

手間に感じる人事担当者の方もいると思いますが、職場見学会を行うことで、入社後短期で辞めてしまう確率も減り、中長期的に見れば人事担当者の負担も減るでしょう。

 

見学だけでもOKで応募のハードルを下げよう

そもそも求人広告を出しても応募がこないよ

という人事担当者の方も多いでしょう。

実はこの【職場見学会】、見学だけもOKというのは、応募を増やすうえでも非常に有効な方法です。

求職者は求人広告を複数見ながらお仕事探しをしています。

その中で、職場見学会というのは1つの差別化になります。

また、不安を持ちながら仕事探しをしている人からすると、事前に職場の見学ができ、質問などもできる機会になるというのは非常に安心感と応募しやすさに繋がります。

見学=応募ではないので、人事担当者の方もまずはリラックスした雰囲気を作り、気軽に話せる環境を作ってあげることで、応募者も好印象を頂き、見学会から正式な応募に切り替える事が出来るでしょう。

今まで応募が来なかった方も、短期で辞めてしまうという方も、辞退されてしまうという方も

職場見学会のメリットをご理解いただけたのではないでしょうか?

 

まとめ

職場見学会は人材確保のうえで非常な有効手段となります。

求人広告としては、他の企業との差別化になります。

応募が来なかった企業には、応募のハードルを下げることで、求職者との接点(見学会)を増やすことができます。

辞退が多い企業には、面接前にフランクに話せる場を作り、求職者の高感度を上げる事ができます。

短期離職が多い企業には、事前に求職者とのミスマッチを減らすことができます。

是非職場見学会を試してみてください。

 

職場見学の成功事例はコチラ【職場見学をキャッチに入れるだけで応募が倍に!?】

求人のコンサルティングのご希望や、原稿改善、人材採用の方法などが気になる方はお問い合わせよりご連絡ください。