定年を迎えた、シニア層を雇用する動きを強める企業が多くなっています。

今回はシニア層を採用するメリットを紹介します。

シニア層は今まで様々な仕事をこなしてきた、人生経験豊な人材です。

特定の仕事を長く定年までしてきた人材も多いでしょう。

いわゆるある仕事に関してはエキスパートという人が多いです。

その為、中途半端に中途採用をするより、即戦力になる場合も多いです。

経験者を比較的簡単に採用ができるとしたら、企業にとってこんなに魅力的な事は無いでしょう。

 

シニア層は真面目かつ、積極的に仕事に取組む人が多い!

シニア層の人は、真面目にかつ積極的に仕事に取組む人が多いのです。

そもそも定年を迎えたのに仕事をするという方にはそれ相応の理由があります。

年金以外の収入が欲しい、必要。という方は目的は収入かもしれませんが、その収入をモチベーションにきっちり働いてくれるでしょう。

体が動くうちは仕事をしたい、という方は仕事その物がモチベーションとなります。

現在仕事をする事にモチベーションを見出せないという人が多い中で、しっかりとした意思で働いてくれるシニア層は戦力になるのではないでしょうか

モチベーションも高く仕事をしてくれるので、積極的にわからない点は確認したりと積極的に仕事に取り組んでくれるでしょう。

また、シニア層の人は仕事をした分をお給料としてもらっているという考えを持っている人が多いのも、きっちり仕事をする理由でしょう。

 

若い人よりパワフルな人が多い

現在のシニア層の方は、以前と違い非常にパワフルな人が多いです。

また、若い人よりも多趣味でコミニュケーション能力に長けている人も多いです。

休みの日や平日の朝早くなどに、地域センターなどで俳句や歌などをされてる方を多く見かけませんか?

中々今のサラリーマンなどで休みの度に外に出る人って少ないですようね。

また、シニア層の人は仕事は仕事と割り切れているので、疲れているのでと仕事の手を抜く人も少ないですし、ましてや口に出す方も少ないでしょう。

年齢、性別問わずに前向きに仕事をしている人は職場にも活力を与えてくれますよね

このようにシニア層の採用というのは、企業にとってメリットがたくさんあるんです。

これから採用活動をされる人事担当者の方は、ぜひシニア層の採用も検討してみてはいかがでしょうか?

求人のコンサルティングのご希望や、原稿改善、人材採用の方法などが気になる方はお問い合わせよりご連絡ください。