「誰でもいいから採用したい」

年代や経歴問わず、ターゲットを広げて求人を出している企業は多いでしょう。

今回の企業も人手不足が問題視されている業界で、求人を出しても1件の応募があるか、ないかという状況でした。

ですが、今までとは違った打ち出しで原稿を出す事で、3名の採用に繋がり、さらには3名とも企業の求める週4日勤務可能な人材でした。

 

1番欲しい層はどこなのか?

求人を出すときにまず考えて欲しいのが「誰が欲しいのか」という事です。

例えば、主婦層が欲しいと考える場合でも、どんな主婦が欲しいのかを絞り込んでいきます。

①子供がいなくてフルタイムで働ける人

②子供が小さいので束縛時間が短く自由な働き方をしたい人

③子供が小学生・中学生・高校生になり、基本的にはフルタイムで働きたいが学校行事などがある時には気軽に休みたい人

④子供が成人を迎え、余暇時間を使って自分のペースで働きたい人

一言に主婦と言っても、大きく分けると4種類の主婦が存在します。

もちろん、ここから更に細分化していくと、1000種類以上は存在する事でしょう。

今回の企業は、長時間働けて、さらにある程度の社会人経験を持っている人を希望していたので、大きく分けた中の③が一番近い人物像ということになります。

 

求める人物像は何を基準に仕事を探すのか?

求める人物像が決まれば、その人物が働くにあたり、何を求めているのかを徹底的に調べていきます。

今回の場合は先ほどの人物像から更に細分化して、子供が小学3年または4年生で、40~45歳位をターゲットとしました。

そこで採用担当者に現在働いている40~55歳の方に仕事探しの時にどんな事を気にするかアンケートを取ってもらいました。

 

アンケート結果

  • 子供の行事や突発的な時に休めるか
  • 勤務地が近いか
  • 時間の融通がきくか
  • 自分にもできる仕事か
  • ブランクがあるが大丈夫か
  • 職場になじめるか?

 

アンケート結果を原稿に

アンケート結果からキャッチや本文に「40代以上が活躍してる事」、「小学生の子供がいる主婦が活躍していて、子供の事も協力しながら解決している事」を記載し、同じ境遇の人がいるという安心感をアピールしました。

また、写真も同年代の方が写っている写真を掲載し、より想像しやすいようにしました。

仕事内容も分かりやすく細かく記載し、簡単なことからスタートする事、研修がしっかりある事を記載し、ブランクからの仕事復帰も安心して初められることをアピール。

この結果、応募数は大きく改善し、採用も3名できました。

 

他のターゲット選定についてはコチラ【とりあえず【未経験歓迎】には落とし穴!?】

 

どうやって人物像を決めるかわからない、アンケートなんて出来ないという人はアドバイスすることも可能です。

ご相談はお問い合わせよりご連絡ください。

求人のコンサルティングのご希望や、原稿改善、人材採用の方法などが気になる方はお問い合わせよりご連絡ください。